にきびナビ

にきび

多くの人は、思春期の初期からあらわれ始めるにきび(アクネ)に対して、
「たかがにきび」といった認識しか持っていませんが、にきびは
皮脂腺嚢という皮脂のたまった袋に異常が起きて生じる一種の病気だと
いうことを知っておく必要があります。

にきびほど「病気」という意識が乏しく、軽んじられるものはないと
言っても過言ではありません

たいていのにきびは、放っておいても自然に治っていきますし、
ましてや命取りになることはありません。
ですから、どうしても重視されにくいのです。

しかし、これが顔全体にできて膿ほうを作ってくると、痛くなったり、
皮膚炎を伴って痒くなることもあります。

こうなると、放っておくだけではなかなか治らず、専門医による治療が
必要になってきます。

また、下手にいじって化膿した場合も同様です。
アメリカでは、皮膚科外来の患者の大半が、にきびで悩んでいる人だと
いわれるくらい、深刻な間題となっているのです。

日本はアメリカほどにはにきび患者が多くありません。
しかし、私たちの日常生活が、食事形態をはじめとして、どんどん欧米化され、
生じる病気も似てきています。

当然、日本のにきび患者も増えていくと考えられます。
しかも、にきびが炎症を起こすと色素沈着を生じ、シミになることも
あります。

そのうちに治るだろうと軽視せず、ひどくなる前に適切な処置をすることが、
にきび痕を残さないベストな方法だといえます。
くれぐれも素人療法でつぶしたり、いじったりするのは絶対やめましょう。

にきびナビカテゴリー項目一覧

にきび

にきびの原因 環境変化

にきびの原因 環境変化 極端な環境の変化も、にきびを悪化させることがあります。 ...

20から40歳代に多いにきび+シミのミックス型

20から40歳代に多いにきび+シミのミックス型 にきびはにきび、シミはシミと思っ...

にきび 面ほう(コメド)について

面ほう(コメド) コメドは主にメラニン色素とリビド、細菌およびケラチンが原因と ...

にきび 丘疹について

丘疹 直径5ミリ以下の皮疹のことを丘疹といいます。 皮膚が腫れたような状態と考え...

にきび 膿ほうと結節について

膿ほうと結節 膿ほうとは、膿を含んだにきびで、つぶすと白っぽいものが出てきます。...

にきびの出来る体の箇所!!

にきびはいつも決まった場所に顔を出す にきびは身体じゅうどこにでもできるわけでは...

女性のにきびについて

女性のにきびは、黄体ホルモンレベルの高い時期、つまり、性周期のうちの 黄体期や妊...

にきび原因

にきびの原因として化粧品

にきびの原因として化粧品 にきびの原因として化粧品は、女性が一番気をつけなけれぱ...

にきび 原因 睡眠不足から

にきび 原因 睡眠不足から 睡眠は一日の疲れを癒し、翌日の活力を養う重要なもので...

にきび発生のメカニズム

にきび発生のメカニズム にきびは一般に、乾燥肌の人よりも皮脂分泌の多い人、つまり...

にきび アクネ菌について

にきび アクネ菌について にきびのある人には、脂腺嚢の分泌管の深部に、酸素がない...

身体のバランスをくずす「ストレス」はにきびの大敵

身体のバランスをくずす「ストレス」はにきびの大敵 にきびを発生させ、長引かせる内...

にきび 皮脂の分泌量について

皮脂の分泌は一般に女性よりも男性のほうが多く、また、年齢によっても 変わっていき...

にきびとホルモンバランス

にきびとホルモンバランス にきびは、皮脂の分泌が過剰に促されることによって発生し...

にきび 男性ホルモン

にきび発生には、皮膚のあらゆるところで代謝の行われる、男性ホルモンが 大きく関係...

にきびを左右する皮脂とは?

にきびを左右する皮脂とは? 皮脂とは皮膚から出る脂のことで、肌の必要以上の乾燥を...

にきび予防

にきびを悪化させないためには

にきびを悪化させないためには よくいわれることですが、汚い手でいじると、にきびは...

洗顔はにきび治療の基本

洗顔はにきび治療の基本 きれいな肌を保つための基本は洗顔です。どんな治療薬をつけ...

相互リンク

相互リンク

にきび治療のすべて にきび治療のすべてでは、気になる大人にきび、背中にきび等の治...

相互リンク募集について

■相互リンク募集について■ にきびナビでは相互リンクを募集しています。 特に『ニ...